ⅯeseⅯoa.の新曲「Muddy Water」の感想➂

投稿日:

前々回のブログから、書いているⅯeseⅯoa.の1stシングル「ⅯuddyWater」についてですが、今回でついに最後になります。

-----sponsored link-----

8月11日についに、ⅯVが公開されましたね。
メンバーソロショットで聴いていた部分だけでは、力強くかっこいい曲だと思っていましたが、サビ以外の部分では、切ない雰囲気の曲のようでした。

この曲では、とみたけさんと、あおいさんがWセンターのようですね。
いつもセンターや、センター寄りにいる白服さんが端のほうにいたのが意外でした。
でも、白服さんは「ラブチア」など可愛らしい曲で目立つことが多いので、納得のようにも思えますね。

では、おすすめのシーンを紹介したいと思います。

➀0:56~1:07
あおいくんが土砂降りの中、起き上がり、とみたけさんと喧嘩をするシーンです。
とみたけさんは、あおいくんを突き飛ばすときに、演技だとわかっていてもあおいくんが悲しい顔をするので胸が痛かったと言っていました。

➁1:36~1:39
とみたけさんのソロのパートです。
とみたけさんは、演技も上手で歌っているときに本当に泣きそうな表情をしていますね。
曲の雰囲気に完全に入っていて、感動します。

➂2:08~2:09
本当に一瞬なのですが、私の好きなシーンです。
二番煎じさんが、雨の中外で座ってうつむいているシーンです。
一瞬でも、切なそうな表情からだんだんとこの曲のストーリーが伝わってきます。

➃2:38~2:40
1:08では、壁の隙間から、何とも言えない表情で、誰かを見つめていただけなのに、ここでは走り出しました。
誰かを追いかけているのでしょうか。それとも止めに行ってるのかわかりませんが、一瞬横を向いてから走り出しています。
一瞬迷いがあったのかもしれませんが、そのあとの前向きな走りからは迷いのない強さが感じられ、1番の様子とは全く変わって見えますね。

➄2:43~2:45
何かに落ち込んでいるのか、俯いて顔をあげないフォーゲルさんの肩に手を置くノックソさんのシーンです。
励まそうとしても、フォーゲルさんはうつむいたままでなんだか切ないシーンです。

この曲では、ストーリー性が感じられますが、本人たちもストーリーになっていると公言しています。
イルミィさんたちは、それぞれ色々な解釈をしていて、本当はどうなのかがとても気になりますね。

しかし、今の時点でははっきりとは彼らの関係性が分かりませんが確かだと思うところだけ書きたいと思います。

とみたけさんと、あおいくんが喧嘩をしているところから、二人はライバルだということです。
そして、2:51の「愛さずにいられたなら3人で笑えてたの」という歌詞のところで、今までの土砂降りとは変わり、真っ白な部屋で、白服さんが振り返ってこちらを見ているシーンがあります。
ここから、「3人」というのは、とみたけさんと、あおいくんと、白服さんで、白服さんが真っ白な部屋にいるということから、白服さんは死んでしまった。これは、「君がいないこの世界で」という歌詞からもわかります。
その事実を知った、とみたけさんが、あおいくんにが白服さんを殺したのではないかと喧嘩をして、突き飛ばし、3:43には、あおいくんの首を絞めています。

今は、ここまでしか分からないですし、この解釈で合っているのかもわかりませんが、一例として読んでみてください。

めせもあ。の曲は、ストーリー仕立てのものが多く、見ていて飽きないですね。
このⅯVで、気まぐれプリンスさんが、誰のもとへ走っていたのか、フォーゲルさんが何に落ち込んでいたのかなど、他のメンバーのことは、もしかしたら次のシングルで明かされるのかもしれませんね。

にほんブログ村 高校生日記ブログへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

-YouTube, アイドル, 趣味
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索
管理人

こんにちは!管理人のうさぎです。
アルスマグナとめせもあ。が大好きな高校生です。
アルスマグナでは泉奏くん、めせもあ。ではノックソさんを推しています。
様々な内容のブログを更新していくので、よろしくお願いいたします。
逆アクセスランキング