高齢化が進む日本での介護の現状について

投稿日:

高齢化が進む日本で問題になっている「高齢者の介護」。

-----sponsored link-----

現在、介護が必要にもかかわらず、介護を受けられないという介護難民が増えています。
その理由は、介護従事者が減っているからです。
また、介護施設に入れたとしても、従業員が不足していて十分な介護を受けられないこともあります。

現在の介護施設では、高齢者の人数に対してかなり少ない人数の介護士であったり、従業員が不足しているために誰でも従業員になれてしまうような施設があったりすることがあります。そのような施設で事故が起こってしまうこともあり得ます。

ではどうして、介護従事者が減っているのでしょうか。

介護

まず一つ目に、仕事が重労働だということが挙げられます。
夜勤が多く、休日が少ない、睡眠時間が短い。このような状態でありながら高齢者の介護をすることはかなり大変だと思います。

二つ目に、賃金が他の仕事に比べ、少ないということ。
このような重労働でありながら、賃金が少ないとなると介護従事者が減ってしまう理由もよくわかります。

ではこのような問題点を解決するにはどうしたらいいでしょうか。
一つ目に挙げた、「夜勤が多い、休日が少ない、睡眠時間が短い」という課題は、介護従事者が増えることで解決します。
しかし、二つ目に挙げたように「賃金が少ない」という現実では介護従事者は減少するばかりです。

現在の日本では、高齢者が増加し続け、介護を必要とする人がたくさんいるので、介護福祉士が人気の職になってもおかしくない時代でありながらこのような現状になってしまうということは悲しい現実です。

まずは介護士の賃金を増やす対策を取り、介護士たちの働く環境をよくすることが、これからも高齢化が進む日本で、介護士を増やすことへの解決策の一つだと考えます。

にほんブログ村 高校生日記ブログへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

-思考
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索
管理人

こんにちは!管理人のうさぎです。
アルスマグナとめせもあ。が大好きな高校生です。
アルスマグナでは泉奏くん、めせもあ。ではノックソさんを推しています。
様々な内容のブログを更新していくので、よろしくお願いいたします。
逆アクセスランキング